読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほうじ茶と焼き菓子

TLに流さないことをちらり

朗読劇

ロウドキエ「ヒプナゴギア」に行ってきました!

f:id:gtkrb0:20170202234016j:plain

2/2の昼、夜の回共に観劇したのでおまけのおしゃべりCDを!いただきました!とてもうれしい…!
一つの作品を一日に二回も、違う演者さんでという贅沢をしてきました~!

ーーーーー
場所が駅から遠すぎず!行くとすでに列ができていたのですぐわかり、ありがたく続きました

会場がすてき!行く前会場確認したらバーがある?!池澤さんがわくわくされてるしこれは中々大人な…?!とガクガクしましたがそれはそれで楽しみ!行くからには!と髪の巻きが絶対に取れないようにし、オシャンな感じで出陣しましたが…どうだったろう…!ふつうにカジュアルな感じの方がほとんどでしたかな!緊張してあまり周りの方、まして服装など見れず…

席は、全体的にステージに近い!それぞれの席はテーブル挟んで詰まってないからスペースあってありがたかった…!
2日目夜にはあの席全部が埋まっていたと思うとこちらもニコニコしちゃいますのう!

早い方1番前に行かれてましたが、すごいよ…!!いや近いよ!!
これは生で見る経験が少なく見られてるかも?となると緊張する、内容に集中できないかなあと少しナナメ向こうな席に行くがそれはそれですごいことになった。

ーーーーー
役者さんの直で見る演技はすごかった、ドキドキが止まらなかった 物語がどう進んでいくかの緊張もかなりあるストーリーでドキドキもありましたが
直で見る機会、舞台とかも数えるほどしか行っていないし、声優さん、声のプロが朗読劇なんてそれはもう、本当に本気の技を聞かせて、その様子を見せてもらえる所なんて初めてで、
あの近さだとマイク越しだけじゃない、生に近い声を聞くことができたのもとてもとても感動した

ーーーーー
昼の回、3人とも夢の中に出てくる女がいるという おかしな狂気に、空気に当てられているような高揚感が常にあり!
池澤さんの素晴らしさよ…!無垢で無邪気でとってもかわいらしいから、
新曲を弾き終えた後の「おかえり」
にヒェェ(;;)!!ってなってました帆世さんのただいま、が優しくて それまでのしゅごんがおまえの状態はやばいんだぞ、って言い続けてたからもう余計に

ーーーーー
舞台の説明に女、と書かれていたけどお話のセリフから女というより女の子、お二人が演じられてる感じからも女の子、だった、そのおかげで夜の回は

女性関係に一歩引いた少しおどっとした風な、常に優しげな三十路の男の人&無邪気な女の子の掛け合いが
ものっっっすごい自分の萌えにヒットして「あ゙あ゙ぁ゙~…!」と呻き声を上げるところだった(顔は我慢できてなかったかもしれない…)
(思い出したのは映画アベンジャーズ/ウルトロンのバナー博士とナターシャでした…ちょっかいのかけ方とかが…?)

女が登場してからが本当に雰囲気が変わって、昼夜どちらとも息をのみました

ピアノの生演奏、すばらしくて贅沢すぎてくらくらした!!!
夜の回、休憩後の、後半いきなり!の演奏前、すうっと息を吸われて、からのあの演奏!されてだったのでその迫力や細かい仕草に、これが生!生で見てるんだいまじぶん…!とそういうのもうれしくテンション爆上がりしてました コインを狙いすまされてる、とかそういうところ…!見ることができて感動…後日いちだまで話されてましたのう!


ーーーーー
以下しゅごん覚え書きなものなので薄目で流していただければ…

席、まっすぐ前を見てる人の視界端邪魔しちゃうのでは…と後から気付きビビり
始まってみれば舞台に近すぎてビビり
夜は演者の方と向かいになりアアア
ほせさんが涙されてて わたしもさらに涙溢れ

もうこの、これがいちばん
朗読の声がまっすぐ飛んで来てぶち当たる

声を張り上げられてる箇所、マイクに乗っただけではなかったと思う、他の人のときは違ったから
しゅごんの張り上げた声がぶち当たる!
お話もどこへ進むのか全く知らない、キツめ物言い、相手を決めつけるようなセリフもありかなりビビって、ハラハラして、心臓ばくばくさせながら怒濤の後半だったのですが

最後、お話が終わりに向かっていてクラクラする中、お話のラストの節の、しゅごんの語りが始まった瞬間 始まってハッとした、ハッとするぐらいとてもとても優しい声で、話し方で、ぎゅうぎゅうだった心にすうっと沁みて、観に来て本当によかったと思いました あの瞬間はたからものだ…